So-net無料ブログ作成
検索選択

第二回ヒアリング [新作「河の童」]

2018年2月初演の新作に向けて、昨日3月21日に演出家を招いての第2回目のヒアリングを行いました。


2ヒアリング.jpg




今回は舞台美術を担当する大島広子さんと、

人形美術を担当する本川東洋子さん


にもご参加いただき、美術についても大まかなイメージをつくりました。



内容の部分も、雑談の中から、

共通点や違う点、

嫌だと思うこと、

余計なお世話なことなど、

最後は自然環境との共生とは?


というとても深いテーマにまで話しが広がり、

作品に活かせる資料がたくさん生まれた時間になりました。



エンジンがかかりはじめましたよー!

前回記事≫ http://deaf-puppet.blog.so-net.ne.jp/2017-03-22

新作「河の童」 [新作「河の童」]

【新作に向けてのキックオフ

2018年2月初演の新作に向けて、2017年2月23日に制作陣の初ミーティングと演出家との顔合わせとヒアリングを行いました。


HP 新作 写真.png



タイトルは、「河の童-かわのわっぱ-」。



人間は河童を異なもの、ずるくて人間をだまして水の中に引き込む、相容れない者として残酷に殺したりもします。

一方で、河童はまじめで正義と信義と真実を愛し、献身を厭わない存在でもあります。

河童から人間を見たとき、時として人間は不思議なものとして映るのでないでしょうか。

両者は『共生』できないのか、人種、国籍、宗教、性別、障害、様々な違いを抱えて生きる現代の我々にとって『共生』とは何か?この作品では異なる存在の河童を通して、真に「共に生きる」世界は何なのかを映し出します。



脚本演出にむかえるのは立山ひろみさん。
オペラシアターこんにゃく座や劇団うりんこの作・演出や宮崎県立芸術劇場の演劇ディレクターなど多岐に渡るご活層をされている立山さんと、デフパペメンバーが対話を重ね、そのなかからろう者と聴者が共に活動をしているデフパペだからこそ!出来る表現を探っていきます。



2018年2月22~25日、初演は地元・川崎市で行います。


今後少しずつ情報を公開していきますので、お楽しみに!!



nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇