So-net無料ブログ作成

創立者逝去のお知らせ

デフ・パペットシアター・ひとみの創立者でありました宇野小四郎が、去る4月19日、肺疾患の ため永眠いたしました。享年86歳でした。



公益財団法人現代人形劇センター及び人形劇団ひとみ座の創立者、いいだ人形劇フェスタ「 人形劇カーニバル飯田」の発足者、からくり人形を世にデビューさせた功労者、伝統人形芝居 の研究者、脚本家、演出家、そして意外と知られていませんが卓越した人形遣いでもありました。


デフ・パペットシアター・ひとみでは、「京太郎の唄」「手手と手と手・顔かおカオス」「わんぱくス サノオの大蛇退治」「さくらものがたり」「カガミマル」「おばあさんとたぬき」「人形たちのバザール 」他、数多くの作品作りに携わってきました。


現在上演中の作品の中でも、「稲むらの火」では脚本を、「一寸法師」では脚本・演出を手掛 けています。




また日本の人形劇界を牽引してきたひとりであり、舞台活動だけにとどまらず、広く社会の中 での人形劇の存在意義を追求し、実現してきた一生でした。


溢れ出るアイディアは尽きることがなく、それが人形劇の可能性を拓くきっかけになったことも 数々ありました。


私たちは、抱えきれないほどの様々なアイディアの「種」を受け取り、人形劇の幅を大きく広げ てきました。まだまだ受け取った「種」はたくさん残っています。



これからはそれらの「種」を大切に育てていきたいと思っております。




                                             2015年5月 劇団員一同

宇野さんへ

写真 1 (5).JPG

宇野さん




“かまわないです。”

”だいじょうぶです。”

”いいと思います。”

(と、手話でいつもはなしてくれました。)


なつかしい。





北海道から沖縄

お花いっぱい 咲いています。

チェコスロバキア ソウル アメリカ
フランス ポーランド

地球にいっぱい

花を咲かせてくれました。




宇野さんありがとう。





絵・文 榎本トオル






この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。